太もものお肉対策

pixta_13193054_S

太ももが太くなってしまう原因とは?

ダイエットをしているのに、何故か太ももの脂肪だけ全く痩せなかったという体験をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
太ももが太くなってしまうのは、脂肪が溜まりやすいだけでなく、むくみや筋肉の衰えなども原因とされています。

太ももの筋肉が衰えてしまい血流が悪くなってしまうことで、リンパの流れも悪くなってしまいますが、そうなると代謝機能が落ちてしまい、水分が溜まりやすい状態を作ってしまいます。
水分が溜まってしまうことがむくみとなるのですが、むくんでしまうことによってさらにリンパの流れも悪くなり、老廃物も徐々に溜まってきてしまいます。
すると、今度はセルライトが作られるようになってしまい、脂肪細胞とくっついてどんどん太ももが大きくなってしまうのです。

太ももを細くするために、キャビテーションがオススメ!

一旦太ももにセルライトが付いてしまうとなかなか解消することは難しく、痩せにくくなってしまいます。
しかし、キャビテーションを行うことで頑固なセルライトに対策をする事ができます。
それにプラスして軽い運動やリンパマッサージを行うことによって痩身効果をアップさせることが出来ます。

キャビテーションの痩身効果を高めよう!

キャビテーションは施術後3~4日後にもっとも代謝が良くなると言われています。
また、その効果はおよそ2週間続き、代謝が良い状態を継続させる事ができるようです。

しかし、そのまま放置してしまってはせっかくの代謝や脂肪燃焼力のアップも最低限しか実行されず、あまり痩身効果を実感することが出来ないでしょう。
そのため、代謝が良くなっている期間に集中して運動やリンパマッサージを行うことで、最大限に実感する事ができます。
運動と言っても、ランニングやきつい筋トレをする必要はなく、少し歩くことを増やしてみたり、ストレッチを行ったりだけで代謝が上がっているので十分です。
また、これを機にウォーキングなどを始めるのも健康的にも良い習慣となるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ