キャビテーションとインディバの比較

pixta_18505745_S

キャビテーションとインディバ

キャビテーションとインディバはどちらの最近注目されている痩身エステの一種です。
キャビテーションは脂肪に直接超音波を当て、脂肪細胞の中に気泡を作り、この気泡を破裂させることで脂肪を直接破壊する事をめざします。
この脂肪の成分をマッサージなどで体から排出することで脂肪を減らし、痩身効果をめざすという施術方法です。

インディバは電磁波によって細胞を摩擦させ、熱を発生させることが目的です。
熱を発生させることで、体の奥底から温まり、血液やリンパの流れを活発にすることで新陳代謝の活性化をめざします。
これによって体にたまった老廃物を排出しやすくしたり、脂肪を燃焼しやすくすることができ、体の調子を整えたり、痩身効果が期待できます。

キャビテーションとインディバの違いと比較

キャビテーションとインディバの違いとして、使用している電磁波のエネルギーの違いがあります。
キャビテーションは脂肪に直接働きかけ、壊すために少しエネルギーの高い電磁波を使用しており、インディバは細胞を振動させ、熱を発生させることが目的のため、低いエネルギーの電磁波を使用しています。
エネルギーが高い方が危ないのではないかと考えてしまうかもしれませんが、キャビテーションは脂肪の実に働きかける超音波を使用しているため、体への悪影響はほとんどないと言えるでしょう。

次に仕組みと効果の違いとして、キャビテーションは痩身効果に特化しており、脂肪を壊して体から排出する仕組みのため、ダイエットを目的とした利用がほとんどです。

一方インディバは熱を発生させ、体の調子や新陳代謝を改善することが目的のため、ダイエット目的とした方には向かないかもしれません。

キャビテーションとインディバのメリット

キャビテーションとインディバには上記したような違いがあるため、それぞれに向き不向きがあると言えます。
まず、キャビテーションはダイエットを始めてする方にお勧めの方法でしょう。

次にインディバは体の調子を整えるとともにダイエット効果を期待するものであるため、効果をすぐに実感できることは少ないですが、冷え症や肩こり、腰痛など、体の不調が続いている方にはお勧めの方法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ