医療のキャビテーションとエステの違いは?

pixta_18505738_S

医療機関にもキャビテーションの機器が存在する

脂肪に働きかけるキャビテーション機器は、主にエステサロンで利用することが多いのではないでしょうか。
専用のコースやエステティシャンがいるため、エステサロンの方がサービスが良かったり、居心地が良いと感じるい方も多く、通常はそちらの利用が多いでしょう。
しかし、医療機関でもキャビテーションの機器を設置しているところもあり、医療機関にしかないメリットも確かに存在しています。
そこで、医療機関で設置している機器とエステサロンで設置している機器の違いやサービスの違いについて調べ、比較を行ってみました。

医療のキャビテーションとエステの違い

まず、キャビテーションに用いる機器の違いです。
医療機関で使用されるキャビテーションの機器は、エステサロンで使用されるものより出力が大きいものが多くなっています。
高い効果を早く実感したい方は医療機関を受診した方が良いかもしれません。
また万が一のときには医療機関の方がしっかりとした対処を行ってくれるでしょう。

しかし、医療機関とエステサロンではサービスの違いがあります。
医療機関によって異なりますが、キャビテーションのみを行ったり、脂肪を燃焼させる点滴や処方を行うこともあるためそれらが気なる方は医療機関での施術をお勧めできないでしょう。
しかし、エステサロンで施術の場合、キャビテーションの施術とマッサージといったコースであることが多いため、体に医薬品を入れることがないことも異なることと言えます。

医療機関とエステサロンの比較

医療機関とエステサロンで施術を受ける際に最も気になることは料金の問題です。
医療機関で施術を受けると早く効果が得られるのですが、エステサロンと比べて高額になる場合が多く、エステサロンのコースで利用した方が圧倒的に安いというケースもあります。

しかし、多少多くお金を支払っても高い効果を得たい方は医療機関でキャビテーションの施術を受けるとよいでしょう。
医療機関によって施術の内容が異なるため、事前に確認が必要ですが、施術後に脂肪を燃焼させる点滴をしたり、医薬品を処方することもあるため、高い効果を得やすいです。
エステティシャンの方と会話を楽しみながら施術を行ったり、落ち着いた空間でゆっくりと施術を受けたい方、医療機関より安く施術を受けたい方はエステサロンで施術を受けた方が良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ